Chapter 9 : CREATING RICH FORM ... | 6q7u9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 9 : CREATING RICH FORMS

reply

フォームの作り方 - TextFieldやRadioButtonを配置してフォームを作る方法について。

日付の入力・選択にはDateFieldが便利 (formatStringで日付の書式を設定できる。

DateオブジェクトがselectedDateプロパティに格納される) 。


Validator - 必須項目のバリデーションは、以下のようなMXMLで記述できる。

<mx:StringValidator id="firstNameValidator"
    source="{firstNameTextInput}"
    property="text">

requiredFieldErrorでエラーメッセージを指定する。

n文字以上のバリデーションは、required="false" (デフォルトはfalse) とし、

minLengthで文字数, tooShortErrorでエラーメッセージを記述する

<mx:StringValidator id="lastNameValidator"
    source="{lastNameTextInput}"
    property="text"
    required="false"
    minLength="2"
    tooShortError="What kind of last name is that?"/>

EmailValidator, PhoneNumberValidator, ZipCodeValidator等も使用できる。


バリデーションのタイミングはtriggerEventで、どのコントロールのイベントを

モニタするかはtriggerプロパティで指定できる。

submitButtonのclickイベントでバリデーションを行うには、以下のように書く。

  trigger="{submitButton}" triggerEvent="click" 

ActionScriptではValidatorオブジェクトのvalidateやvalidateAllメソッドを使い、

エラー時にはAlert.show()を使うのが便利。


restrictプロパティで入力可能な文字の範囲を指定できる。'^'を先頭につけると反転。

<mx:TextInput id="firstNameTextInput" restrict="a-z A-Z ' \-"/>


CurrencyFormatterなどのタグを配置し、そのformatメソッドを他のタグのtext等で

使うことで、表示する内容の整形ができる。

<mx:PhoneFormatter id="phoneFormatter"/>

<mx:TextInput text="{phoneFormatter.format('4795558273')}"/>

posted by 6q7u9x | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.