Chapter 1 : GETTING UP TO SPEE ... | 6q7u9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 1 : GETTING UP TO SPEED

返信

Flexとは - FlashベースのRich Internet Applications (RIAs) 作成環境。MXMLと呼ばれるXMLの

マークアップとJavaScriptライクなスクリプト言語で、簡単にアプリケーションを作ることができる。

Flash Playerの普及率は約99%。Flex SDKはコンパイラとライブラリとツール群で構成される。

複雑なアプリケーションには、アニメーションツールとして進化したFlash IDEよりも向いている。


AIRとは - Adobe Integrated Runtime (AIR) は、Flashやウェブコンテンツをデスクトップアプリと

して動かすソリューション。AIRの実行環境さえあれば動作する (OSに依存しない)。


なぜFlexなのか? - 綺麗に素早く書けて、リッチで動作も速く、オープンソースでフリーだから。


他との比較 - Flash IDEやAjax等との比較の説明。MXMLやAjaxよりも素直に書ける点が利点。 (Ajax

よりも"hackery"ではない)。タイムラインベースのアニメーションはFlash IDEの方が、テキストの

動的ロードや単純なインタラクションにはHTML/Ajaxの方が向いている。

投稿者 6q7u9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.