Chapter 5 : LEARNING THE BASIC ... | 6q7u9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 5 : LEARNING THE BASICS OF SCRIPTING

reply

ActionScriptの埋め込み - HTMLタグの中のJavaScriptのように、MXMLタグの中に埋め込める。

また、<mx:Script>の中に書くこともできる。

<mx:Button id="myButton" click="someComponent.someProperty = 'something'" />

<mx:Script>

<![CDATA[

// ActionScript

]]>

</mx:Script>


Dot Notation - ".プロパティ名"で、コンポーネントのプロパティを読み書きできる。

<mx:TextInput id="fullNameTextInput" text="John Smith"/>

fullNameTextInput.text // => John Smith

fullNameTextInput.text = "John Smith";


関数の定義 - public, privateの指定子や、引数の省略と省略時の値、戻り値の型を

指定できる。

public function setForm(txt = "John Smith", sel = true):void


変数の定義 - "var"で定義する。

public var username = "Tom";


データ型 - 基本的な組み込み型は以下の通り。

String: 文字列。初期値はnull

Number: 小数を含む数値。初期値はNaN

uint: 0 ~ 4,294,967,295の整数。初期値は0

int: -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647の整数。初期値は0

Boolean: true/false。初期値はfalse

void: undefinedのみを取る型。


Object型 - 任意のプロパティを持つことができるコンテナ

var car:Object = new Object();

car.color = "red";


Class - Objectをベースとして、プロパティやメソッドを規定したもの。

public class Car

{

var color:uint;

}

var car:Car = new Car();

car.color = 0xFF0000;


MXMLとの関係 - MXMLは内部的にはActionScriptに変換されてコンパイルされる。各タグは

対応するクラスのオブジェクトに、各属性はプロパティやスタイル、イベントリスナに

変換される。


コメント - ActionScriptは"//"または"/* ~ */", MXMLは"<!-- ~ -->"

posted by 6q7u9x | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.