Chapter 6 : ADDING INTERACTIVI ... | 6q7u9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 6 : ADDING INTERACTIVITY WITH ACTIONSCRIPT

reply

Flexのオンラインドキュメント - Flex BuilderのHelp→Help Contents、または

http://livedocs.adobe.com/flex/3/langref/index.html


MXMLでのイベントの定義方法 - タグの中の属性としてActionScriptを書く。

<mx:Label id="myLabel" text="The Button will change my text" />

<mx:Button id="myButton" label="Change it!" click="myLabel.text = 'Some new text'"/>


代表的なイベント - ActionScript内ではEvent.CHANGEなどの定数を使って指定する。

change : Event.CHANGE

click : MouseEvent.CLICK

creationComplete : FlexEvent.CREATION_COMPLETE

mouseDown : MouseEvent.MOUSE_DOWN

mouseUp : MouseEvent.MOUSE_UP

resize : Event.RESIZE

rollOut : MouseEvent.ROLL_OUT

rollOver : MouseEvent.ROLL_OVER


型について - 例えばNumericStepperは数値を保持するコントロールなので、その

数値はtextではなくvalueで取得する。valueの型はNumberで、'ageNS.value + 10'の

ように数値の演算に使える他、'"some string" + ageNS.value'のように書くと

文字列として連結できる (暗黙に文字列に変換して連結する)。NumberからStringへの

変換の明示的な指定には、以下のような方法がある。

fullNameTextInput.text = String(ageNS.value)

fullNameTextInput.text = ageNS.value as String

fullNameTextInput.text = ageNS.value.toString()


デバッグ - trace関数でコンソールにデバッグ出力できる。Flex Builderではブレーク

ポイントの設定、変数パネルなどが使える。

posted by 6q7u9x | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.