Chapter 7 : USING DATA BINDING | 6q7u9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 7 : USING DATA BINDING

返信

データバインディング - あるデータの内容や変更を他のオブジェクトにも伝搬させる。

<mx:TextInput id="helloTextInput" text="Hello, World"/>
<mx:Label text="{ helloTextInput.text }"/>
<mx:String id="firstName">Alaric</mx:String>
<mx:Label id="nameLabel" text="{'Hello, ' + firstName}"/>

また、mx:Bindingタグでバインディングだけ切り出すこともできる。

<mx:String id="firstName">Alaric</mx:String>
<mx:Label id="nameLabel"/>
<mx:Binding source="firstName" destination="nameLabel.text"/>

双方向 (互いにバインディング) することも可能。

データが変更される度にトリガされるので、使い方によっては重くなるケースがある。


データモデルを使ったバインディング -

<mx:Model id="model">
 <info>
  <phone>(707)827-7000</phone>
 </info>
</mx:Model>
<mx:Binding source="areaCode.phone" destination="nameLabel.text"/>
<mx:Label id="nameLabel"/>


ActionScriptによる記述 - <mx:String id="firstName">Alaric</mx:String>

と同様の記述は、以下のようになる。

<mx:Script>
 <![CDATA[
  [Bindable]
  public var firstName:String = "Alaric";
 ]]>
</mx:Script>

投稿者 6q7u9x | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.