Chapter 4 | 6q7u9x | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Re: Blown to Bits: Your Life, Liberty, and Happiness After the Digital Explosion

Chapter 4

reply

図書館からバザールへ - インターネットはかつては図書館のようだったが、急速に情報の種類と量が増大し、

雑多なバザールになっていった。その中から求める情報を見つけ出すブローカーとして、検索エンジンが現れた。

不都合な情報 (WikiLeaksなど) にも簡単にアクセスでき、インターネットから完全に消すことは不可能となった。


情報階層化の失敗 - Gopher、Yahoo! のディレクトリなど。情報量の増大についていけなかた。

Yahoo! = "Yet Another Hierarchical Officious Oracle"


検索エンジンの動作:

1. 情報を集める

2. ページのコピーを取っておく

3. 索引を作る

4. 検索リクエストを解釈する

5. 関連ページを決定する

6. 検索結果を順位付けする

7. 検索結果を表示する


検索エンジンのビジネスモデル - 初めは検索結果の順位を売っていた (Overtureなど。競合する場合は

オークションも)。FTCの警告もあり、後に廃れた。それらの方式の一部を取り入れ、検索結果に並べて

広告を表示する Google AdWords が登場した。


検索エンジンの権力 - ほとんどのユーザーは検索結果の先頭しか見ないので、検索エンジンが重要となった。

検索エンジンのアルゴリズムはそれぞれ異なり、検索結果の偏りや操作が生じ得る。

Google China では検索結果の操作による一種のマインドコントロールが行われている。


検索キーワードの履歴の保存: プライバシーの懸念はあるが、検索エンジンの改善やマーケティングに有効。


検索エンジンによる支配への懸念から、規制や代替を求める声もある。ヨーロッパの官製検索エンジン Quaero など。

posted by 6q7u9x | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.